剱岳

どーも、ご無沙汰わきたです。
 
いっぱい書きたいことはあるのに
何から手をつけていいかわからないわきたでした。w
 
この冬の時期になると山登りたくなるんだよねー(時すでに遅しw)とのお声をお聞きし、
なのでとりあえず自分の中で何かが変わった剱岳(2999m)登頂について。
来年の参考にどうぞ。
参考にならないかー。w


 
それは去年の夏、
8月9日!
またまた立山で働きつつの限られた休みでのアタック!
剱岳ってなんか有名だしめっちゃこわいってゆーし
室堂からピストン(日帰り)でも行けるらしいし行っとこーってあさはかな理由。w

周りにはめっちゃ心配された。

ひとりだし。

登山経験もそんなにないし。

 
んーけど言い出したら聞かないわきた
もちろん決行です!

 
午前3時、
バタン!
 
寮から外へつながる扉をあける
まだ真っ暗おまけに強風と霧!
そして鬼寒!
速攻引き返すか悩む←早っ
 
頂上orお布団の最高に気持ちいい二つの
選択が頭をよぎるw
 
言い出したんだから行くしかないと思い
熊や怪奇現象に怯えながらも
ヘッデン(ヘッドランプ)をたよりに進む。
 
ヘッデンをしてても視界不良すぎて一歩進むのもやっと。

 
普段なら30分くらいの雷鳥荘までの道のりがとても長く感じた。
そして建物の明かりってこんなにもほっとするんだと思いつつ
ここでも引き返そうかと悩む。w

 
・・・いやいやここからやろー
と自分を奮い立たせ←言いすぎw

 
雷鳥沢のテン場に降りて真っ暗な道なき道、雷鳥坂を永遠と登る
太ももパンパン
足パンマン

 
登ってる最中に徐々に明るくなってきた
めっちゃ嬉しい(꒦ິ⌓꒦ີ)

 
そして剱御前小舎に到着
 
6時くらい?
 
山頂は寒くて真夏なのに10度以下!

 
残念ながらご来光のごの字も見えず。


ちーん。

 
そして雑すぎますが今回のルート!w
 


 
徐々に明るくなってきた!


 
右に剱沢のテン場が見える



 
そして剣山荘!



 
ほんとならここいらでテン泊or小屋泊してからの剱アタックが一般的w

 
やっと順路のペンキも見えてくる



 
そして一服剱も


 
ほんとしんどくて休み休み進む

 
けどピン登山(ひとり)のいいところは
自分の休みたいときに休んで自分のペースで行けるところ。
ただただ独り言が増える。w

 
左側は尾根尾根〜


 
そしてohana ⍢⃝ 



 
徐々に晴れ間が✨
 
一服剱を越えたら前剱まで〜

 
前剱に行く途中振り返るとー!



 
一服剱越しの剣沢が!!!


 
うち登ってるときによく後ろを振り返るのが好きで
徐々に景色が高くなって
うおーってなる
じわじわきます。

 
そうこうしてるうちに
鎖登場!









 
剱岳は何個もの鎖場があります!
 
登ったり降りたり登ったり降りたりしてもてあそばれます。
今思えばこーんな鎖は序の口。



 
す、すると、
タラッタラーン•*¨*•.¸¸♪






 
雷鳥(通称:雷ちゃん)を探せゲーム!!!
ってすぐわかるかーw
 
はい、立山のアイドルです♡

 
またまた左側の尾根達。



 
さらに振り返ると剣沢の全景が!!




 
そして剱先生見えてまいりました!



 
この岩岩感がたまりません。



 
あんなに近くに見えてるのにほんとにまだまだ遠い。
 
映画「春を背負って」
で豊悦が松ケンに言ってましたね、頂上を見るなと。
頂上はまだかなまだかなー学研のおばさんまだかなー♫←
って見がちですが、
ほんとに頂上見てると遠い。
足元を見て一歩ずつ着実に。
ほんとにそうだと思いました。
あ、ちなみにわきた的都会での活用方法は
鬼長いエスカレーターで絶対頂点はみない!
一歩ずつ足元を見てれば案外早く登れます!w
って脱線しましたが、


 
剱岳に向かって右側には白馬の山々が!!!




 
気付けば晴れてます
うほーい
もーすぐ





 
らしいです
ほんでいよいよ鎖場も本番です

 
全景






 
横からの図




↑左に鎖が見えます。







望むところや







 


 
すると、




 
ででーーーーーーーん!!!







 
さ、最後のラスボス
カニのタテバイ先生のお出ましです!!
もうほぼ垂直90度の崖です
はい。
落ちたら死ねますまぢで。
ここまで来るのにもヘトヘト

 
ほんとに最後の力を振り絞って
ファイト一発状態のコインケスギ
あ、ケインコスギ状態でした。


 
登ってる最中は落ちたら死ぬっていう恐怖感、緊張感と
ただただ剱岳の頂きに立ちたいという思いで登りました。
本当に思うのが自分を信じなければ山頂には立てない。
山ではいろいろな学びがあります。
いつも思うんです
山登ってる最中、なんでこんな歩いとるんやろ何しとるん自分って
どんなけドMなんって!←違うか
最初めっちゃしんどい、
けど徐々にハイになる、、、


 
やっぱりこの景色を見る為に登ってるんだってー






 
11時すぎ?くらい無事登頂!





 
平蔵のコルと平蔵の頭





 
ここ登ってきました
人がいるのわかりますか?w
 
この写真結構お気に入り〜♡w


 
晴れて雄山、薬師までお目見え





 
はい、ちゃんといます





 
うちの愛用する山と高原の地図アプリ版!
これがなければたどり着けてませんw
圏外でもGPSで現在地がわかるすぐれもの(*´ `*)
※まわしものではありません


 
360度パノラマで










 
最高すぎて巻きで帰ろうと思ってたのについつい長居(´Д` )
頂上で食べるおにぎりは格別です。




名残惜しすぎますが
なんし日帰りなので
またまた室堂へむけて出発!


 
剱岳はしっかり整備されていて鎖も頑丈に付けられていて危険なんだけど安全。←
鎖場は上りと下りで区別されています。
そして帰りもしっかりあります


 
カニの〜
今度はヨコバイ先生!





 
帰りのラスボスならぬファーストボスです!w
タテバイ先生が怖すぎてヨコバイ先生はなんなくクリア\(^o^)/
・・・と思いきや
足をどこに置いていいのかわからず5分くらいひとりでフリーズw
やはり手足の短さを悔やみました。w



 
一服剱





でいっぷくー





 
こんな景色を独り占め(•′⁊‵•)





 
帰りは少しルートを変えて( ´◡` )
8月でもまだまだ残る雪渓!






 
さっきまでいた剱さんがあんなに遠くに(´Д` )








nannnoohana?:D






やーっと帰ってきました







これが雷鳥沢テン場





この向こう側に剱沢があります


すでに日没間近


ほんとにほんっとにしんどくて

途中ぶっ倒れるように休み休みなんとか帰ってくることができましたw


トータル16時間くらい歩き続けました



普段の運動不足がたたりコースタイムよりすこぶる遅めです( ;∀;)

はい、是非次は宿泊プランで!w


お疲れ様でしたぁ





剱に登ってもっともっといろんな山を、エキサイティングな山を登りたいと思うようになった。

登山の何がいいって

無心になれるところ、ただひとつの目標(登頂)にむかって突き進めるところ。

ちっぽけな悩み、日常のあらゆる雑念を捨てられるんですよね。

そして限界は自分が決めてしまうもの

「自分の中にエベレストを持て」
だったかなー
越えろだったかなー?
登山家の栗城さんの本に書いてあった言葉が好きで
いつも念頭に置いて
山を登っております。

てな事で気合いがあればなんでもできる!

 
うちは充分な装備は持ってません
(正確にはそんな高いの買えませんw)
装備不十分だって怒られそうですが、
どんないいギア持ってても
気合いがないと登れません。


しょーゆーことー!\(^o^)/←


なんだかたいしたことしてないのに偉そうに書いてしもーた
長々と読んでいただいた方ありがとうございました♡



 
これまでにないレベルの筋肉痛で苦しんだのはゆうまでもない。w

青木ヶ原樹海でケイビング

どーもご無沙汰してしまいました、わきたです\(^o^)/w


さてさて、totoruはご存知の通り?アウトドア活動をちょくちょく行っています!
これからそんなアウトドア活動をより濃いものに、
そして、誰でも参加出来るようなイベントにしていきたいということまた、
有機野菜を栽培されている農家さんのお話を伺いにということで、
さくたさんとつながりのある、静岡は富士宮市のホールアース自然学校へ
視察・研修に2/11・12で行ってまいりました\(^o^)/


http://wens.gr.jp/


新宿を早朝出発!


途中からはこんなかわゆいゆるキャラ富士山特急\(^o^)/


こんなんうちでも描ける〜
なんて!w

 

 

中は広々すぎて逆に落ち着かずww

 

 

 

そして、河口湖に到着!!


ホールアースのガイドのガッツさんにお迎えに来ていただき、
早速、人生初のケイビングとやらを体験!!
ケイビングとは何ぞや?
cave=洞窟
とゆーらしく
そう!簡単にいうと洞窟探検です。


今回は山梨の青木ヶ原樹海にて
富士山の噴火で流れ出た溶岩で出来た自然の洞窟を探検隊!!


えー富士山の樹海( ???)
・・・といえばよろしくないイメージがあるかもですが、
そんなイメージを払拭されるくらい素敵な大自然!!\(^o^)/


 

とまー
とりあえず
樹海近くに車を停車するために
一同で早朝高速雪かき!!w

 


befor


 

 

after

 

ガッツさんの豪快なヒップアタック?によりすっぽり収まる!!w

 


この地域ではこんな大雪珍しいということで、
スノーシューで洞窟へ向かうとゆう珍しいシチュエーション!!レアレア
2度美味しい\(^o^)/いえい


準備して〜


いざ出発!!










 

 

結構雪は軽めー!!
わきた滑りたい衝動にかられるが
ぐっと我慢して
ウォーキングを楽しむ。

 


実はこの樹海、
600年前に起きた富士山の噴火で溶岩が流れ出て、すべて焼きつくされてしまって
まだまだ森としては若く600歳みたい!
人間にしたらやばいけどw
いや生きてないかw
ほんで断面のところを見ると
木は溶岩の上にはえてる感じで
土は3cmくらいしかないみたい!!
あれ?解釈違ってたら訂正願います!w
うん、いろいろ勉強になります。

 


そうこうしてスノーシューウォーキングを楽しむこと数十分、


第一ポインツ

 


 


 

 

はい、富士の風穴です。
日本昔話のごはんか!!
ぐらい雪がてんこもりすぎて


字が隠れてしまってたので


一筆入れてみましたw

 


 

あの真ん中の暗闇が洞窟です!


 

 

 

 

 

雪にはしゃぐさくた。

 


そしてスノーシューを長靴に履き替え、ヘルメット&ヘッドライトを装備し、いざ出陣!!!

 


洞窟の中には


氷で出来たタケノコみたいなの(氷筍:ひょうじゅん)


がニョッキニョキ。

 



 

洞窟の中は年中氷がとけないんだってー!!


けど寒さはそんなに外と変わらない^^
この日0度くらいでした!


 

洞窟内にある池もカッチカチやでー!
わきたが100人乗ってもー???
だいじょーぶ!!!\(^o^)/
byイナバ物置
って失礼しました。w

 


ほんで

 

火サスばりに落ちて来たら死ねるであろう大量のつらら。

 


そして、わかりづらいんですが
ケイビングスタイルをマスター!!
膝をつくと痛いのでこう、すり足?みたいな感じで移動します。


 

 

この他に写真にはおさめられなかったけど、
つるっつるの氷の滑り台に、氷筍がいっぱいにょきにょきなってるでっかいホールが広がってたり、
まぢでアドベンチャー&見所ありの美術館て感じで
楽しい!!

 


富士山の溶岩で濾過された、天然の氷は透明度がやーばい!!

 

 

これを溶かして飲みたい(*´ `*)
この氷でウイスキー飲んだら美味しいんだろうなとおっさん発言さくたさん。w

 


氷のオブジェ



 

 

 

今回は
洞窟のはしご!!
←なんかかっこいいやん。w
なかなか洞窟をはしごする機会なんてないでw


とゆーことで
すぐ前にあるご近所さんの洞窟!近っ


早速待ち受けていたのは


岩と岩の間を頭から逆さに入る

(通称:犬神家)w
なかなかハード!!

 

こちらでは
綺麗な氷の結晶が見れた♡

 

 

 

ほんとにヘッドライトを消すと
暗黒の世界で
水の滴る音のみ。


ガッツさんに付いてかなければ、自分が今来た道がどこかわからないような岩と岩との間。


外に出ると一気に白銀の世界で
白黒両方楽しめた\(^o^)/


そこからラスト洞窟までは
歩くこと約30分。

富士山の噴火で流れ出た溶岩をまぬがれた部分はまだ古くから木が
生き続けているので、
樹海は樹海でも木の太さや間隔が600年の方とは違ったり
でそういう変化を楽しみながら散策出来るのも楽しい^^

途中のNの木



下の方を掘ると
ほんと手みたいなのが出て来て
握手出来るんです!!
生命力を注入さくた

ほんで途中からは
誰も足を踏み入れていないゾーンへ!!



このクリーミーさやばい!!




先頭をいただきました*¥(^o^)/*


ラスト洞窟では
これでもかってくらいジャストフィットな狭い難所をうねうね、
こんな狭いとこ通れるんかってくらい!!


出口に出た時の達成感ハンパないです


いえい!!
おすすめです*¥(^o^)/*

雪が多すぎて、鹿や野ウサギは残念ながら見れませんでした。


樹海からホールアースへの移動中





車のガラス越しでもこんな綺麗!!

トップまでくっきり見れたのは初めてで感動!!


夜はホールアースにて宴会*¥(^o^)/*
・・・ぢゃなかった、交流会♡w


皆でご飯の支度〜

ガッツさん特製の富士宮焼きそば!!!


麺にこしがあって食べ応えがあってめっちゃうまい!!
現在また食べたい症候群に陥り中ですw


と、自家製のお味噌を使った




味噌鍋!!




料理で出た生ゴミは動物のご飯になります


そして、今流行りの?罠ガールみのりんの特製鹿のローストビーフ!!

クセもなくめちゃうまでした♡


え?罠ガールってなにっ?
て思いました?w

近年、人と自然界の生態系バランスが崩れていることにより鹿が大量発生しているそうです。

そこで、その鹿に罠をかけ捕獲する
=わなガール♡
狩猟免許も保持されています!

そして捕獲するだけでなく
解体→調理してありがたくいただき、自然の大切さ・命の大切さを学ぶ
というジビエ利活用にも力を入れられています。

最近、東京でジビエカフェだのよく見かけるなーとは思ってたんですが、
そういうことだったんですな!!
けど解体とかなるとちょっとびびってしまうわきたです。w
けど鹿とタイマンをはったわきた(数年前に鹿と原付で正面衝突して鹿に惨敗)
としては体験ブログラムめっちゃ興味あるー!!
そしてリベンジしたい!
ってちゃうかー!w





翌朝は、
散歩がてら
ホールアースの敷地内を見学


オフィスはログハウスなんて素敵すぎるー


とても広大な敷地の中に

田んぼあり




にわとり、うさちゃん、やぎなど様々な動物





動物の糞は堆肥となります。

そしてお米や野菜も作られています。


中では焚き火もできます。


夏はここでちびっこ達のキャンプのイベントが行われるそう。


ドラム缶風呂があったり、溶岩の石窯があってピザが焼けたり

ぺぺーと行くと川にも
直結していてカヌーやカヤックに乗れちゃう素敵スペース!!





手作り感あふれすぎる、富士山を望むホールアース自然学校内にわくわく!!


まぁ、そんなこんなであっと言う間に時間もすぎ、
独立して農業をされているだんごさんのお話を聞き、


そんな中で
農業をされているだんごさんのところへ田植え〜稲刈り(食育プログラム企画!)
学校で教科書で学んでてもわからない、実際にフィールドへ出て自分達が食卓で食べているものがどうやって作られているのか、どれだけ大変なのかということを知る機会ってなかなかないと思います。


totoruアウトドアの遠足編で
ホールアースの方に様々なアクティビティ(登山、洞窟、カヌーなどなど)でお客様を楽しませていただいてる間に、
totoruスタッフがアウトドア料理や美味しいコーヒーで
お・も・て・な・し
をするとゆー
現場で培ったそれぞれの特技を活かしたコラボ企画などの
話も浮かびあがりました。


こういったことを実現出来るといいなとわくわくしています*¥(^o^)/*
というわけでこれからもアウトドア、バンバンやっていきます♡

丹沢、塔ノ岳(1490m)登ってきました!

最近?の出来事\(^o^)/
ご存知の通りtotoruは月曜日がお休みです。
11月のtotoruのミーティングで
第3月曜がtotoruの日と決定し、
月イチアウトドアをしよーということになり、
あっちなみに夏はキャニオニングに行きました\(^o^)/
えっ?ブログ??それはおいおい?w

 


そして今回(12/16)はわきたの希望を採用していただき、いざ神奈川の丹沢:塔ノ岳(1490m)へ!!
約14kmの約7時間の道のりです。
http://www.kankou-hadano.org/hadano_mountain/mountain_o2js.html

 


しかし参加メンバーはほぼ初心者。


totoruの通行人・・・いや常連様こと鈴木さん、またの名をすーさん、いやいやまたの名をブルースという山の師匠に、
もう凍ってるし危険だと暖かいご指導を受け
高尾山をおすすめされるが、
ギリギリまで迷ったけど
まぁ、行ってみて無理そうなら即下山!
を念頭に置き丹沢にけつてい\(^o^)/
地図やらバーナーやらガイドブックやらありがとうございました♡
至れり尽くせりや?(*´ `*)

 


そして、まだまだだと思ってたけど
ソッコー12/16は訪れ
間近になって
バタバタ防寒グッズやら登山靴を購入する皆の衆w


天気予報は晴れ!
だがしかーし強風30m予報(?????)
そして頂上の気温はマイナス3度の予報!!
不安材料たんまりすぎw

 

 

 


まーそんなこんなで前日totoruでおにぎしにぎにぎ、

 


6:50に新宿でメンバーと落ち合い
・・・え?トレッキング買った箱のまま持って来た人約1名w
そう!遅刻常習犯のうんぴですw
うけたー
 先が思いやられる・・・w

まぁ今回は遅刻しなかったからヨシとしようw

 


小田急線でトコトコ1時間弱で秦野駅というところに到着、
そこからバスで50分ほど峠をうねうねするとヤビツ峠というところに着きます!
もうこの時点で標高900mくらい!
あれ?高尾山登れちゃったやんww
お手軽〜w

 

 

 


そして朝ごはんをむさぼり、

 

 

 

 

 

準備運動をしーの、
9:30 ヤビツ峠しゅっぱーつ\(^o^)/


ほな、いってきまーす!!

 

 

 

 

ってことで
今回のメンバーは
手前、さくちゃんことさくた・手前左、みなことTKD(竹田)・後ろ右、ちっちことザキヤマ・後ろ左から2番目、も?ちゃんことうんぴ・後ろ左、なべちゃんことなべた・真ん中、わっきーことわきた
でお送りします\(^o^)/
ってまぎらわしいかw
えっ?totoruのおっさ・・・ぢゃなくて、皆の人気者Qちゃんは体調不良の為、残念ながら欠席です(´Д` )
いないのにも関わらずあの話題性と存在感にはびつくりです!!w

 

 


心配していた寒さと強風はどこ吹く風、←使い方合ってる?w
ピーカン風なし最高っ!!
これも我らが晴れ女ちっちのおかげか♡w

 

 


途中なぜかお得意のキャンギャルTKD
まだまだ余裕の模様w

 

 

 

 

桜の木をみつけていきなり登り出す方々〜ww
 木が大好きなんです!

自由かっw

 

 

 

 

 

 

マイペースで行きたいからって結構ひとりで登ることも多かったけど、いろんな人と山登るのいろんな発見があって楽しーっ!♡

 

 


やっぱり至るところに霜が!!!

 

 

 

 

朝一は3度くらいで日向は7度くらい
天気予報によると-3度を覚悟していたのでこのあたたかさやばー!!

 

 


登り出して30分くらいなのに、
ガッツリ登りましたバリに汚れるちっちのケツいやおしり♡w

 

 

 

 

 

ちょいちょい挟みますキャンギャル

 

 

 

 

 

 

塔ノ岳目指しててくてく

 

 

 

 

 

そうこうしているうちにMt.Fujiがお目見えです:Dしかもくっきり!!!

 

 

 

 

 

 

調子に乗ってジャン写\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

totoru女子〜♡縦走なーう!!

 

 

 

 

 

道中は、のぼりのぼりのぼり、階段階段階段の嵐で、


しかも階段は高めなので、チームミニマム(みな以外のtotoru女子は身長150cm前後w)にはちとキツイ構造w

 


そらなべちゃんの文句もとまらんわなぁw

 


口から産まれて来たなべちゃん、あー言ったらこう言う


<登りの階段>
なべちゃん「登り無理ー」
わきた「出た文句!」
なべちゃん「文句ちゃうし!意見やし!」


<登りの階段part2>
なべちゃん「あー階段ほんまテンションさがるーないわー」的な
わきた「また文句〜?」
なべちゃん「ちゃうし!思いやし!」

 


<最後の階段>
だんだん疲れてきたなべちゃん
最後にゃ「そやな、文句かもしれん。」とよーやく文句と認める。w

 

 

 

 

 

とはいえ丹沢、木道に岩場に鎖に結構いろんなコースがあり、縦走してく感じで眺めはいいしいい感じ〜♦

 

 

 

 

 

なんかすごい感出そうって言って写真頑張ったけど、


鎖場そこまででもないですw


さくたが鎖鎖ってうるさいんだし〜w

 

 

 

 

 


そしてまぁどんどん富士山が近くなってくるわけで、

 


ふとちっちの方を見ると・・・

 

 

 

 

めっちゃ絶景やん!!!!!!!!


無造作に撮ってと言わんばかりのポジショニング!!!w

 


さすがちっちわかってるわぁw

 

 


神奈川を一望!向こうに見えるのはおそらく相模湾!!

 

 

 

 

ラダーって言ってかけあがるちっち。

 


やっぱり体力ピカイチやで!

 

 

 

エクスペクト・パトローナームッッ!!

 

 

 

 

ってハリーポッターのくだりすみません。


絶景です!杖を手に入れたなべちゃん。

 


突然、「なんか面白いことしてあげよっか?」
とTKD。

 

 

いきなり死体と化しましたw


・・・やっぱり読めないTKD。

 


いやぁ頂上まで秒読みです!!

 

 

そして来ました!!!!


休み休み約5時間で塔ノ岳山頂いえい\(^o^)/

 

 

 


みんな笑顔ハッピーや〜♡


眺めもさいっこー!!!

 

 

 

そして、totoruと言えば???

 

 


そう!コーヒーですっっ

 


さくたさんのおかげで山頂で美味しいコーヒーをの夢が叶った♡

 

 


エアロプレスどーーーーーーーーーーーーん!!!

 

 

 

 

寒い中頑張ってコーヒー作ってくれたみな・・・

 

 

・・・なのに自分達だけ先に勝手にすすっててすみません。w

 

 

 

山で食べると何でも美味しいけど、
山で食べるカップラ最高!!!
しかも富士山を眺めながら!!!
美味でございます!!!
そら350万円の価値はあるわ!!w

 

 

そしてコーシー出来上がりました!!!


だだん!!

 

 

からのーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

おばあちゃんかっっ!!!w


緑茶に見えてしゃーない。


これ狙ってません。

 


そんなこんなで頂上滞在時間約30分ほど?


ちょい時間がおしてたので巻きぎみで下山〜

 

 


下りは予期しない単調な階段地獄ww

 

 

そら皆こうなるわなw

 

 

 


ほんで途中、木からつるみたいなんがピローンって出てて、

 


ターザンごっこをするちっち。

 

 

 


それをマネするなべちゃん。

 

 

 


<before>

 

 

<after>

 

 

 

もうわやw


つる切れるの巻〜

 


やっぱりこんだけ歩いたけど痩せてなかったみたいです。

 

 


膝と二の腕に爆弾を抱えたなべちゃん。
彼女には今日のMVPを差し上げたいと思います( ;∀;)w

 

 


自然よごめんなさい。


からの丹沢コレクションが開かれました。

 

 

めっちゃしゃれおつや!!

 


やっぱり木!!

 

 

 

 

下山は2人先頭キープ♦
さすが九州男児ならぬ九州女児!!w
男前っす〜

 


帰りは夕焼けも月も夜景も見れて

 


丹沢のいろんな顔をみることが出来て最高!!

 


写真じゃ伝わりまへん


時間がおしてしまい、最後暗くなってしまったけどなんとか無事下山〜♫

 


最後はお疲れのBeerで乾杯!!
あらためてBeerで乾杯出来る歳になったのかと大人になったな〜と実感\(^o^)/←ここで?w
もーなんだか疲れて家族の団らんみたいになってました。w

 


ほんと皆でなんかするっていい!


自然っていい!


自然に皆笑顔になってるよね:D

 


皆頑張りました!!


良い一日でした♡

 

 

 


コースタイム(所要時間:約8時間)


ヤビツ峠(9:30)〜三ノ塔(11:30)〜塔ノ岳(14:30)〜大倉バス停(17:30)

 

立山ライフ!

どーもわきたです
山の日差しが恋しいぜ!!←

↑に関する苦情等は一切お断りいたします。w

ではこの夏にあった出来事をどどんと!!!

もともとはわたくし雪が好きなので、
立山ライフ4、5月だけのつもりでしたw
↑って言っても世の中は春かw
ずっと立山は行ってみたいな〜と思っていた場所なので、
よーやくタイミングがあったので働きに&滑りがてらに。

下界では花見シーズンなのに迎えいれてくれたのは、

 

 

 

 

こーんな景色っ!!!

ででーんっっっっ

 


っで、例のやりたかったやーつの夢も果たせたし
(黒部アルペンルート開通の名物!雪の谷ウォーク!!)

どやっ\(^o^)/

 

 

わっしょい!

 


まじでどんなけ高いん!!確か17メートルとかなんとか!
そして開通前にちょっと盛ってるとかなんとか・・・あっ大人の事情失礼しましたw

 

めっちゃ奇麗やん立山!!!!(室堂ピーク付近から見る国見の夕日)
まばたきがもったいない!
そして鼻水ちょちょぎれるぅ〜


そしてもちろん滑ります。


っていってもバックカントリーは初心者なので道具はすべて借り物ww


あっ前ふり長くなり過ぎ?
まーそんなこんなで立山にハマりまた夏山も見てみたーい!!!
って思ってカムバック立山いえあー♡

 

雪に覆われてた立山から一変、めっちゃ緑やーん!!!

なんか変な感じ〜

 


そんな感じで早速2時間ぐらいのお手軽登山♡(室堂〜浄土山〜竜王岳〜一の越〜室堂)



だけどまだまだ残雪あります。


わかりづらいけど、道中貴重なブロッケン現象とやらに出くわす!!
虹色のわっかがずっとついてくるんです!
わきたひとりではしゃぐの巻〜w




 

 

 

 

とまーこういう幻想的な景色に出会えたわけで、、、
はい!最高ですっ\(^o^)/

こんなカリンチョリンに見えるところをゆくんですが、実際にはそれほどカリンチョリンではないです!

 

 


夕焼けはこんな感じ^^
金星、一番星がお目見えです*

 


たまたま星空鑑賞会をやっていて天体望遠鏡で金星と土星を鑑賞☆
土星にはほんまにわっかがあった・:*+.¥(( °ω° ))/.:+ちょっと感動w 
こんな写真も撮ってもらいました(*´∀`*)
まさに星空の宝石箱や〜( ;∀;)←
流れ星も偶然映り込みハッピー\(^o^)/

 

やっぱり自然っていいねー

大汝山(おおなんじやま)標高3015m縦走


どーもわきたです\(^o^)/
 
うちがこの夏足しげく通った立山、その他もろもろについて、
登山初心者な身分でいろいろ書き綴ってゆこーと思います!
 
これでまだ山に登った事のない人が山に行きたーい!
とか一緒山行こー\(^o^)/ってなったらうれすいーな?
そしてアルピニストの方々からのご教授お待ちしております!w

 
立山立山ってどこやねん!
て感じと思うので軽くWikipediaならぬWakipedia?\(^o^)/ぇ?
 
立山とは!北アルプスの北部に位置する山で、
雄山(おやま)標高3003m・大汝山(おおなんじやま)標高3015m・富士ノ折立(ふじのおりたて)標高2999mの
3つの峰の総称をいいます!

この大汝山の3015mってのが日本で4番目に標高の高い山なんですっ!
日本三霊山のひとつでもあり信仰のアツイ山です!やーまん!
あとはWikipediaせんせーお任せします!w

 
ほんで、後で書こうと思いますが、この山々の尾根づたいに歩く事を縦走(じゅうそう)と言います^^
一気にいっぱい頂上を制覇出来ちゃうってやーつですな!
 
立山に行くには、富山からと長野から行く行き方があり、
うちはいつも長野側から〜
長野の信濃大町という駅から、
路線バスやらトロリーバスやらケーブルカーやらロープウェイやら数々の乗り物を乗り継いで
約2時間ほど?で室堂(むろどう:標高2450m)というところに到着します!

この室堂ってところからいろいろ登山が出来ます!
うちの勤務先兼住居でもありますw
詳しくは
http://www.alpen-route.com/index.php
 
ではー最近の立山であった出来事?( ´ ▽ ` )ノ
10月11日〜19日にかけて行ってまいりましたー!
最初のうちは台風の影響でずーっとあめあめあーめ!_| ̄|○
で、15日つかの間の休日に午後からは雨予報だったのにも関わらず、ご来光からの例の縦走強行突破っ!!
もう最近は、夏と違い日がのぼるのも遅いのでゆるゆるの4時出発〜
 
雄山までは
2時間くらいで着きます。
一の越から雄山までが結構ハード!
 
コースとしてはこーんな感じ!
 

 
 
はい!the大雑把w
ぐるっと一周する感じです。
 
そしてご来光
 

 
 
はい!ざーんねん(´Д` )
想定内です。
雄山にて。
 

 
 
頂上ではなぜかコリアンの撮影大会に巻き込まれー
 

 
この距離感にちょっと反省w
 
 
実は12日に初冠雪を迎えた立山。
紅葉狙いで行ったのに秋を通り越して冬の気配がぷんぷん丸でしたー
この日気温は5度くらい。

 

 
道中はこーんな感じ
 

 
ひやっひやのケツ滑り状態でなんとかクリアーw
 

 
反対側には黒部湖もお目見え〜
そう!尾根をゆくとゆーことは両サイド違った風景が見られるんです!!って誰ぇー!w

 
はい!ここが日本で4番目に標高の高い大汝山です。
 

 
縦走途中の風景〜

 
紅葉も朽ち果ててしまったご様子。しょぼぼぼーん
でも綺麗!
 

 
別山(べっさん:標高2874m)から見る剱岳(つるぎだけ:標高2999m)はかっこいい(*´ `*)
 
そして無事なんとか、
雷鳥荘に着いてからの雨で
朝風呂に絶妙なbeerでかんぱーいして雨宿り。
 
この縦走はだいたい6時間?7時間くらい。
おすすめです\(^o^)/
ちゃんちゃん♪

| 1/1PAGES |