剱岳

どーも、ご無沙汰わきたです。
 
いっぱい書きたいことはあるのに
何から手をつけていいかわからないわきたでした。w
 
この冬の時期になると山登りたくなるんだよねー(時すでに遅しw)とのお声をお聞きし、
なのでとりあえず自分の中で何かが変わった剱岳(2999m)登頂について。
来年の参考にどうぞ。
参考にならないかー。w


 
それは去年の夏、
8月9日!
またまた立山で働きつつの限られた休みでのアタック!
剱岳ってなんか有名だしめっちゃこわいってゆーし
室堂からピストン(日帰り)でも行けるらしいし行っとこーってあさはかな理由。w

周りにはめっちゃ心配された。

ひとりだし。

登山経験もそんなにないし。

 
んーけど言い出したら聞かないわきた
もちろん決行です!

 
午前3時、
バタン!
 
寮から外へつながる扉をあける
まだ真っ暗おまけに強風と霧!
そして鬼寒!
速攻引き返すか悩む←早っ
 
頂上orお布団の最高に気持ちいい二つの
選択が頭をよぎるw
 
言い出したんだから行くしかないと思い
熊や怪奇現象に怯えながらも
ヘッデン(ヘッドランプ)をたよりに進む。
 
ヘッデンをしてても視界不良すぎて一歩進むのもやっと。

 
普段なら30分くらいの雷鳥荘までの道のりがとても長く感じた。
そして建物の明かりってこんなにもほっとするんだと思いつつ
ここでも引き返そうかと悩む。w

 
・・・いやいやここからやろー
と自分を奮い立たせ←言いすぎw

 
雷鳥沢のテン場に降りて真っ暗な道なき道、雷鳥坂を永遠と登る
太ももパンパン
足パンマン

 
登ってる最中に徐々に明るくなってきた
めっちゃ嬉しい(꒦ິ⌓꒦ີ)

 
そして剱御前小舎に到着
 
6時くらい?
 
山頂は寒くて真夏なのに10度以下!

 
残念ながらご来光のごの字も見えず。


ちーん。

 
そして雑すぎますが今回のルート!w
 


 
徐々に明るくなってきた!


 
右に剱沢のテン場が見える



 
そして剣山荘!



 
ほんとならここいらでテン泊or小屋泊してからの剱アタックが一般的w

 
やっと順路のペンキも見えてくる



 
そして一服剱も


 
ほんとしんどくて休み休み進む

 
けどピン登山(ひとり)のいいところは
自分の休みたいときに休んで自分のペースで行けるところ。
ただただ独り言が増える。w

 
左側は尾根尾根〜


 
そしてohana ⍢⃝ 



 
徐々に晴れ間が✨
 
一服剱を越えたら前剱まで〜

 
前剱に行く途中振り返るとー!



 
一服剱越しの剣沢が!!!


 
うち登ってるときによく後ろを振り返るのが好きで
徐々に景色が高くなって
うおーってなる
じわじわきます。

 
そうこうしてるうちに
鎖登場!









 
剱岳は何個もの鎖場があります!
 
登ったり降りたり登ったり降りたりしてもてあそばれます。
今思えばこーんな鎖は序の口。



 
す、すると、
タラッタラーン•*¨*•.¸¸♪






 
雷鳥(通称:雷ちゃん)を探せゲーム!!!
ってすぐわかるかーw
 
はい、立山のアイドルです♡

 
またまた左側の尾根達。



 
さらに振り返ると剣沢の全景が!!




 
そして剱先生見えてまいりました!



 
この岩岩感がたまりません。



 
あんなに近くに見えてるのにほんとにまだまだ遠い。
 
映画「春を背負って」
で豊悦が松ケンに言ってましたね、頂上を見るなと。
頂上はまだかなまだかなー学研のおばさんまだかなー♫←
って見がちですが、
ほんとに頂上見てると遠い。
足元を見て一歩ずつ着実に。
ほんとにそうだと思いました。
あ、ちなみにわきた的都会での活用方法は
鬼長いエスカレーターで絶対頂点はみない!
一歩ずつ足元を見てれば案外早く登れます!w
って脱線しましたが、


 
剱岳に向かって右側には白馬の山々が!!!




 
気付けば晴れてます
うほーい
もーすぐ





 
らしいです
ほんでいよいよ鎖場も本番です

 
全景






 
横からの図




↑左に鎖が見えます。







望むところや







 


 
すると、




 
ででーーーーーーーん!!!







 
さ、最後のラスボス
カニのタテバイ先生のお出ましです!!
もうほぼ垂直90度の崖です
はい。
落ちたら死ねますまぢで。
ここまで来るのにもヘトヘト

 
ほんとに最後の力を振り絞って
ファイト一発状態のコインケスギ
あ、ケインコスギ状態でした。


 
登ってる最中は落ちたら死ぬっていう恐怖感、緊張感と
ただただ剱岳の頂きに立ちたいという思いで登りました。
本当に思うのが自分を信じなければ山頂には立てない。
山ではいろいろな学びがあります。
いつも思うんです
山登ってる最中、なんでこんな歩いとるんやろ何しとるん自分って
どんなけドMなんって!←違うか
最初めっちゃしんどい、
けど徐々にハイになる、、、


 
やっぱりこの景色を見る為に登ってるんだってー






 
11時すぎ?くらい無事登頂!





 
平蔵のコルと平蔵の頭





 
ここ登ってきました
人がいるのわかりますか?w
 
この写真結構お気に入り〜♡w


 
晴れて雄山、薬師までお目見え





 
はい、ちゃんといます





 
うちの愛用する山と高原の地図アプリ版!
これがなければたどり着けてませんw
圏外でもGPSで現在地がわかるすぐれもの(*´ `*)
※まわしものではありません


 
360度パノラマで










 
最高すぎて巻きで帰ろうと思ってたのについつい長居(´Д` )
頂上で食べるおにぎりは格別です。




名残惜しすぎますが
なんし日帰りなので
またまた室堂へむけて出発!


 
剱岳はしっかり整備されていて鎖も頑丈に付けられていて危険なんだけど安全。←
鎖場は上りと下りで区別されています。
そして帰りもしっかりあります


 
カニの〜
今度はヨコバイ先生!





 
帰りのラスボスならぬファーストボスです!w
タテバイ先生が怖すぎてヨコバイ先生はなんなくクリア\(^o^)/
・・・と思いきや
足をどこに置いていいのかわからず5分くらいひとりでフリーズw
やはり手足の短さを悔やみました。w



 
一服剱





でいっぷくー





 
こんな景色を独り占め(•′⁊‵•)





 
帰りは少しルートを変えて( ´◡` )
8月でもまだまだ残る雪渓!






 
さっきまでいた剱さんがあんなに遠くに(´Д` )








nannnoohana?:D






やーっと帰ってきました







これが雷鳥沢テン場





この向こう側に剱沢があります


すでに日没間近


ほんとにほんっとにしんどくて

途中ぶっ倒れるように休み休みなんとか帰ってくることができましたw


トータル16時間くらい歩き続けました



普段の運動不足がたたりコースタイムよりすこぶる遅めです( ;∀;)

はい、是非次は宿泊プランで!w


お疲れ様でしたぁ





剱に登ってもっともっといろんな山を、エキサイティングな山を登りたいと思うようになった。

登山の何がいいって

無心になれるところ、ただひとつの目標(登頂)にむかって突き進めるところ。

ちっぽけな悩み、日常のあらゆる雑念を捨てられるんですよね。

そして限界は自分が決めてしまうもの

「自分の中にエベレストを持て」
だったかなー
越えろだったかなー?
登山家の栗城さんの本に書いてあった言葉が好きで
いつも念頭に置いて
山を登っております。

てな事で気合いがあればなんでもできる!

 
うちは充分な装備は持ってません
(正確にはそんな高いの買えませんw)
装備不十分だって怒られそうですが、
どんないいギア持ってても
気合いがないと登れません。


しょーゆーことー!\(^o^)/←


なんだかたいしたことしてないのに偉そうに書いてしもーた
長々と読んでいただいた方ありがとうございました♡



 
これまでにないレベルの筋肉痛で苦しんだのはゆうまでもない。w
コメント
コメントする